まほろばレポート | まほろばファーム株式会社

REPORT

まほろばレポート

栽培状況や周辺の情報などをお届けします

2020/03/19  芽傷入れと誘引

葡萄は枝の先端から発芽抑制物質が流れている為、先端部以外の芽は不発芽や発芽の遅れが生じてしまい、発芽揃いが悪くなります。これらを防ぐ為に、先端部以外の全ての芽に対して芽傷処理を行い、発芽抑制物質が芽に届かないようにします。

まほろばファームの第1農園もようやく芽傷入れと誘引が終わりましたので、あとは萌芽を待つのみとなりました。

記事一覧へ